看護師 白衣

2011年07月25日

看護師 白衣

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

皆さんは白衣高血圧症候群という言葉をご存知でしょうかexclamation&question

どういう事かと言うと

「家で血圧を測ると100/70oHg くらいなのに、いつも病院に来ると
150/90oHgまで上がっちゃう右斜め上」という患者さん。

消毒のニオイとまっ白な壁の殺風景な院内で、スタッフが皆真っ白な白衣を着ているのを見て、緊張し血圧が上がってしまうという状態です。

そりゃそうですよね。

誰でも病院なんて怖いし出来るだけ行きたくない場所ですから。

患者さんが緊張するのもわかります。

(私はこの病院の独特の雰囲気が大好きなのですが…揺れるハート

その証拠に小児科の白衣はピンクとなっている病院が多いですね。

さて、その看護師の白衣ですがワンピースタイプとパンツタイプの2種類があります。

白衣は病院から支給されますが、この2種類を組み合わせて希望のタイプのものを着ることができます。

病院によって、指定の白衣は支給されてもそれを着ずに自前の白衣を着てもいい病院もあります。

そういう場合は開襟タイプ、セーラー襟、ボタン式、ジップアップ式と、カタログで好きなものを注文して買いそろえる楽しみがありますリボン

最近はパンツタイプが主流になりました。

そして靴はサンダルではなくスニーカー。

立ち仕事だけでなく、しゃがむ・ベッドに上る・走るなどの動作を考えるとパンツタイプの方が便利というワケですね。

あと、冬場ワンピースだと冷えますもうやだ〜(悲しい顔)

パンツタイプだと中にタイツや、むくみ防止のソックスを履きながら仕事ができるので、その点でもパンツタイプが人気です。

それでも私はワンピース派でした。

ナースキャップ・ワンピース白衣・白ストッキング・サンダル。

これが私の憧れの姿黒ハートだったのに、すべて時代の波にさらわれて行ってしまいそうです…。

こう聞くと白衣って余り実用性を考えられずに考えられたようにも見えますよねexclamation&question

(とくにワンピース、キャップ)

でも、私は制服が持つ力のようなものを感じながら白衣を着て仕事をしていました。

あんなにペラペラの服ですが、着ると不思議と気持ちが切り替わります。

患者さんとの線引きが自然にできるのは、白衣を着ているせいでしょうか。

実はスタッフが気持ちの面で制服に守られている部分って大きいと思います。

院内では「一スタッフとして」患者さんに接していないと、とても受け止めきれないような辛い場面に遭遇することが多々ありますから。

学生の皆さんもいつでも純白の制服(ちゃんとクリーニングに出していれば…)で気持ちを引き締めて、患者さんの前に立つようにしましょうね。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)



posted by 看護師ミキ at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。