看護師国家試験問題集

2011年07月27日

看護師国家試験問題集

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

3年生の皆さんがようやく一息つけるのはきっと夏休みに入ってからのことでしょう。

大学生に比べたら随分短い夏休みですが、思いっきりリフレッシュして下さいね。

もちろんバイトに励むのもOKexclamation

私も3年生の時夏休みだけプールの券売のバイトをしていました。

学生最後の夏なので、大切に過ごしてね。

でも、3年生の夏休みの過ごし方はとっても重要という事は忘れないように。

なぜならあと半年程先に看護師国家試験を控えているから。

「夏から国家試験を意識するなんて早すぎあせあせ(飛び散る汗)」って思うかも知れません。

たしかに、まだあと半分以上も実習を残している状況で国家試験勉強に本腰入れる気にはなれないというのが本音なのかもしれません。

私がここで強調しておきたいのは、別に今から本腰入れて準備する必要はないという事です。

早くから頑張りすぎてエネルギー切れしたら大変ですし。

だから決して頑張るのではなく、

「看護師国家試験問題集をちょっとだけ見ておく。」

「余裕があれば得意な科目だけ解いてみる。」

この2点だけやっておきましょうひらめき

これだけで後からかなり楽です。

書店に行くと、看護師国家試験対策の問題集や参考書がずらりと並んでいます。

まずは1冊、看護師国家試験問題集(すごく分厚いヤツ。一番メジャーなものですね。)を買いましょう。

問題集はこれで十分です。

学内でも何度か模試を受ける機会がありますし、過去の模試のコピーは大量に学校に保管されています。

教官が配布してくれることもあるし、自分でコピーしてもOKです。

問題集を買った後とても大切な事は、「まずは目次をよく見る」という事。

看護師国家試験の出題範囲は膨大に広いがく〜(落胆した顔)

そのため、試験範囲や科目名を自分の中で整理してみましょう。

これだけでもかなりすっきりします。

あとは1冊の問題集を完璧にやりこなすだけです。

これで自信がつきますパンチ

あれもこれも手を出すよりは、自分の問題集にいろいろ書き加えて自分なりのテキストを作るような気持ちでやって行きましょう。

ただ、この作業は夏休み中に全て終わらせていなくても大丈夫です。

夏休み中は得意な科目からぼちぼち始めるくらいで十分です。

初めから終わりまでさらっと解いてみるのもお勧めです。

解けない問題がほとんどでも、どの単元でどんな問題が出題されているのかを把握すると、自分の得手不得手が見えてきます。

3年生の夏ごろから始まる就職試験病院

多くの病院では、専門科目試験で看護師国家試験問題集をベースとした問題を出題する傾向があります。

国試準備しながら就職試験準備もできるなんて、一石二鳥グッド(上向き矢印)

次に参考書。

学内でも推薦図書の情報を得る機会があると思います。

その中から全科目網羅したような参考書を1冊選びましょう。

メジャーどころを押さえれば、まず失敗はありません。

しかし、参考書を選ぶ時は辞書を選ぶ時と同様に

「自分にとって見やすいと感じるものか。」

という事が重要です。

同じような値段を出せば、同じような情報量の参考書を買う事が出来ます。

そこで、図や字の大きさ、レイアウトがバシッと自分に合うものを見つけて下さい。

私が買った参考書は、ほとんどのクラスメートが持っていた参考書とは違っていました。

図がすっきりとしていて好みに合っていたからです。

でもたまにみんなで問題の出し合いをした時に焦りますよねexclamation&question

自分があまり知らないことをみんなが話しているのを聞くと、

「えっ、何それ、どこに載ってたexclamation&question」とか言って(笑)

まあでも、値段と情報量が同じようなものなら大差がないと考えて大丈夫です。

分からない事はすべて学校の教科書にも書いてあるので。

以上、今回は夏休みから取り組める看護師国家試験問題集の活用法についてのお話でした。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)




posted by 看護師ミキ at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。