標準看護計画

2011年08月06日

標準看護計画

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

院内には標準看護計画というものがあります。

これは病院で統一された疾患別の看護計画のことです。

例えば脳梗塞の患者の看護計画、大腸ポリープの患者の看護計画、胃癌の患者の看護計画…というような各診療科別の計画と、頭痛の患者の看護、貧血を呈する患者の看護…というような症状別の看護計画があります。

その他、治療別の標準看護計画というものもあります。

放射線治療を受ける患者の看護、外科的治療を受ける患者の看護…といったものですね。

これらは実際に臨床で働く看護師たちが使用するものなので、看護学生が見ると大変参考になると思います病院

実習先の病院で使用されている標準看護計画は一覧になっていて看護学生でも見ることができます。

学校によっては院内統一の略記・用語集とともに配布されるでしょう。

患者さんのカルテの看護計画のページを開くと、看護師が立案した看護計画はすべて印刷された標準看護計画に手書きで追加記載されているはずです。

この部分がまさに「個別性」ですひらめき

標準看護計画は一般的な状態を想定して立てられた架空の計画なので、全ての患者さんがその通りの看護介入が必要とは限りません。

そのため、標準看護計画に書いてある項目を患者さんに合わせて消したり足したりしていくのです。

例えば、脳梗塞の患者さんの看護と言っても、どの部位にどの程度の麻痺があるのかによって必要な看護は違いますよねexclamation&question

杖歩行できる人もいれば車椅子の人もいる…。

車椅子介助と言っても、自力で乗り移り出来て自己駆動する患者さんもいれば、乗り移りや移送の全てをこちらで手伝う必要がある場合もあります。

左右どちらの麻痺があるのかによって、ベッドと車椅子の位置関係は変わりますし、麻痺側が利き手かどうかも大きな違いです。

看護学生は看護計画を一から手書きで立案するので大変かもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

しかも初めてみる病態ばかり…。

そこでこの標準看護計画をうまく活用してほしいと思います。

患者さんの看護計画を、オーダーメイドするような気持ちでやってみましょう。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)


posted by 看護師ミキ at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。