母性看護実習

2011年08月19日

母性看護実習

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

3年生になるといよいよ母性看護実習が始まります。

実習期間中には一人の妊産婦さんを担当させてもらいます。

この実習期間では最低必ず一回(運が良ければ2回ほど)は分娩に立ち会うことになっていますリボン

基本的に自分の担当の妊婦さんのお産に付き添いますが、タイミングの問題があるので担当以外の方のお産を見学させてもらう場合もあります。

また、母性看護実習では外来の見学にも行きます。

妊婦検診での超音波検査や内診の介助方法を学ぶためですひらめき

皆さんもご存じの通り、看護師は妊産婦、褥婦、新生児の世話などを全般に行う事が出来ますが、お産の際に赤ちゃんを取り上げて臍の緒を切ることができるのは助産師だけです。

病院によっては産科病棟のスタッフは全員助産師というところもありますが、民間病院や産科医院の場合は助産師の独占業務以外は看護師が行っているところもあります。

最近は男性でも看護師を志す人が増えてきました。

現行の保健師助産師看護師法では、男性は助産師になることはできないこととなっていますが、男性の看護学生も母性看護実習は必須です。

お産や乳房マッサージ、産後の会陰部の処置など、産科病棟では羞恥心を伴う医療行為がたくさん行われています。

男性の学生が見学につく場合は(女性でもそうですが)本人の許可を得てからになります。

初めて産科病棟に入ると、他のフロアとの雰囲気と大きく違っていることにすぐに気づくことができるはずです。

病院には健康上の問題を抱えた患者さんたちがたくさんいますが、
産科フロアでは妊産婦さんと元気な新生児が過ごしているからです。

もちろんハイリスク分娩の方やNICU(新生児集中治療室)で過ごす新生児もいますが…。

病棟に入ると新生児の産声や心拍監視モニターの音など、聞きなれないような音がたくさん聞こえてきます。

詰所にはびっくりするほど小さな聴診器がズラリとぶら下がっています。

そして新生児室のベッドに並んでいる小さな新生児達

看護学生はきっと見るもの全てに興味津々なはず…。

辛くて長い実習生活を送る看護学生もこの母性看護実習を心待ちにしているのではないでしょうか。

助産師を志す人もそうではない人も、お産に立ち会い、新生児の沐浴が体験できるこの機会に、人の命の尊さや自分のルーツについて振り返ってみてください。

さて、実習の中でもちょっと特殊な母性看護実習ですが、実習の際に注意してほしいことについて少しお話します。

@羞恥心に配慮する

これはどの科のどんな患者さんにおいても言える事なのですが、産科病棟や外来では特に注意しましょう。

特に内診中にカーテンの向こうから聞こえてくるひそひそ声には気を付けて下さい。

肌を露出している時は気持ちも不安定になるので、少しの事が気になるものです。

「自分の事を何か言われているのかもしれない…」

「私の赤ちゃん、大丈夫?」

というように、悪いふうに受け止めてしまうかも知れません。

外来中や分娩見学中の私語は慎みましょう。

A受け持ちの方と赤ちゃんに感謝の気持ちを持つ

これも産科病棟に限られたことではありませんが…。

妊娠中や産後の女性は疲労感なども相まって、気分の浮き沈みが激しくなることがあります。

自分が産んだばかりの赤ちゃんが可愛くて、でも心配で…というように、少し舞い上がっている状態です。

特に自分以外の誰かが赤ちゃんに触るということには敏感になっています。

それはちょうどお母さん犬が子犬の事を心配して、普段は信用している飼い主が抱っこするのでさえ安心して見ていられず、周りをうろうろするような感じです犬

そんな状態でもなぜか、先生や助産師・看護師が赤ちゃんを触っても不安にはなりません。

むしろ安心します。

それはなぜかexclamation&question

「信用しているから」です。

大ベテランの助産師と看護学生に対する安心感は、正直大きな差があると思います。

それでも学生が担当につくことを受け入れて下さった方々はみな、

「将来ナースを志している学生さんだったら…」

というようにどこかで頼ってくれているはずです。

その気持ちに感謝して、お母さんと赤ちゃんから多くの事を学びとって下さい。

陣痛で苦しむ産婦さんに学生がしてあげられる事はすごく限られています。

汗を拭いたり、水を飲ませたり…。

中には実家のご両親も旦那さんも付き添えない状態で、一人でお産をするという方だってたくさんいます。

私が担当させてもらった産婦さんもそうだったんですが、無事にお産が終わって退院される時に

「学生さんがそばにいてくれて心強かった。」

というお手紙をくださいました。

何もできなかった私にそう言ってくださったことが、嬉しいような、なんだか申し訳ないような気持になったことを覚えています。

3年生になると母性看護実習の他に終末期看護実習も経験します。

同じ病院の建物の中で毎日繰り返されている「誕生」と「臨終」病院

実習を通して自分の死生観について考えてみてください。

とても難しいことですが、現場に出る前に学生なりの考えをまとめておきましょう。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)


posted by 看護師ミキ at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。