看護とコミュニケーション

2011年09月24日

看護とコミュニケーション

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

看護学校に入学してすぐに配布される教科書の中で、「基礎看護技術T・U」を開いてみると、目次の一番初めに出てくるのが「コミュニケーション技術」です。

学生の時はあまり何とも思っていませんでしたが、今思えば不思議です。

だって普通教科書って、簡単な項目から徐々に難しくなっていくものですよねexclamation&question

看護師の仕事のベースになるコミュニケーション、私は実はこれが一番難しい看護技術だと思う、というか気付かされたんだと思いますあせあせ(飛び散る汗)

看護学校では基礎看護技術の授業でコミュニケーションの技法やプロセスレコード(患者さんと自分の会話の全てを紙に書きだして分析するもの)の書き方を習うほかに、心理学の基礎対人援助方法精神科領域の疾患や看護について勉強します。

特に基礎看護技術や対人援助方法の授業中には学生同士がロールプレイングを通して「傾聴」「共感」「受容」などの面接技術を勉強します。

でも看護師はあくまでも「看護師」であって、患者さんとさし向って話し合うような「カウンセリング」という事はまず行いません。

それよりも日頃の問診療養上の世話・病状説明の立会いなどさまざまな場面を通して患者さんとコミュニケーションをとることになります。

そのため看護師にはどんな患者さんに対しても、オープンで平等に接するマインドが求められます黒ハート

今までに何度も壁にぶつかってきた患者さんとのコミュニケーションふらふら

相手も自分の生身の人間なので、判で押したようなやり取りにはなりませんー(長音記号2)

そのやり取りの中では、聞き手(看護師)がどんなに患者さんの気持ちに寄り添おうと努力しても、患者さんの気持ちを引き出したり受け止めたりすることが出来ないことがしばしばありますバッド(下向き矢印)

いや、ほとんどの場合効果的な関わりなんて出来ていなかったのかもしれません。

聞き手のつもりだったはずが逆に、患者さんに励まされたり…ひらめき

特に自分の受け持ち患者となるとなぜか気合いを入れ過ぎて、かえってスムーズにコミュニケーションが取りにくくなりましたー(長音記号1)

しかも年数が経つほど患者さんの気持ちを深読みしすぎるせいか、硬くなってしまう自分がいました。

そんなとき配膳を手伝ってくれる看護助手さんやクリーンスタッフの方と自分の受け持ち患者さん(ターミナル期でいつもしんどそうにしている人の時は特に)が楽しそうに話をしているとちょっと嫉妬したりして…。

私からは

「さあ、話してみてください。話聞きますよexclamation

というオーラがにじみ出ていたんでしょうね、きっと…。

あとよくあるのがなかなか自分の気持ちを表出しない患者さんの対応についてみんなが困惑している中、新人看護師には本音をポロポロ漏らしている…とか。

必死で向き合おうとし過ぎるより、どこかちょっと看護師っぽくなりきっていないフレッシュぴかぴか(新しい)な看護師の方が話しやすいこともあるんです。

経験・技術・知識では先輩に勝てなくても、患者さんの気持ちを柔軟にすることができるなんて、新人看護師ならではの立派な武器ですね。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)


posted by 看護師ミキ at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。