看護師の仕事

2011年09月29日

看護師の仕事

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)

看護師の仕事を一言で言うと、「患者さんに関わるすべてのこと」となります病院

臨床医は患者さんの病気の診断治療が仕事の全てですが、看護師患者さんの治療から療養生活上の問題全てに携わることになるので、業務の内容は非常に複雑です。

そして看護師は患者さんの治療内容や療養生活の世話をすべて看護師の判断で行っているわけではありません。

その全ての指示を出しているのは医師ですひらめき

(もちろん看護判断で行うことができる処置もありますが…)

だから看護師医師の指示を正確に理解し、実践に移す能力が必要となります。

医師から出された指示を受けることを「指示受け」と呼んでいますが、この指示受けの時には行き違い・勘違いが起こりやすく、事故の引き金になるような事柄がたくさん潜んでいるので注意が必要ですexclamation

数ある看護業務の中でも特に治療に関する知識や慎重さが求められる「指示受け」。

各施設の教育制度にもよりますが、簡単な指示受けなら1年目の後期から練習を始めるところがほとんどだと思います。

より複雑な指示受けや緊急時の指示受けは、2年目以降リーダー業務の練習を始めてから一人立ちに向けての訓練がスタートします。

@入院時指示

患者さんが入院してくると、主治医がカルテに指示を書きます。

診断名をはじめ(疑いのままの事もあります)、入院目的や治療計画から安静度(ベッド上・車椅子移動・病棟内フリー・院内フリー…など)、食事指示(絶食・普通食・治療食・刻み食・ミキサー食・主食粥…など)、疼痛発熱時指示(頓用の解熱・鎮痛剤の種類・形状・ミリ数など)、持参薬続行指示など、患者さんに関すること全てに指示が出されます。

医師は当然外来でも患者さんを診察しているので患者さんの状態に合わせた指示が出ているはずなのですが、いくら主治医といえどもやはり患者さん全てをいつでも把握できているかと言えば、決してそうではありませんー(長音記号2)

現病歴既往歴など、入院中の治療に大きく関わってくるような事柄は当然全て把握していますexclamation

だからたまに患者さんの状態にピッタリと合っていない指示が出ることもありますどんっ(衝撃)

特に食事の形状や安静度・保清(入浴可否)などは、患者さんの入院時アナムネ(問診のようなもの)をとった看護師の方がよくわかる場合が多くなります。

そういう時は主治医に報告して指示を書き換えてもらう事になります手(グー)

「逆・指示」という感じですね(笑)ひらめき

でも原則は「医師のカルテ指示が絶対」なので、書き換えが必要となるのです。

あとよく実際の場面で直面するのは、入院時の指示からほとんど指示の書き換え(見直し)がされていないままになっていたため、いざという時に

「何これ、いつの指示exclamation&question

となって大慌てすることあせあせ(飛び散る汗)

特に安静度や解熱・鎮痛指示が古いまま、口頭指示確認しかしていない場合こういう事になります。

こちらから声をかけなくてもその都度指示を付け加えてくれる先生もいますが、何回も書き加えて汚すぎて読めないってこともザラですふらふら

二重線で消して矢印を伸ばして日付を打って…メモ

せっかく書いてくれた先生には申し訳ないのですが、広いスペースに改めて書き直してもらうようにお願いしましょう手(パー)

手書き指示が読みにくいために指示受けミス・投薬ミスにつながる場合もあるので気をつけましょうexclamation

A点滴・内服の指示 

最近は院内でオーダリングシステムをとっている病院が増えましたね。

昔はカルテ記載も薬剤のオーダーもすべて手書きでしたメモ

手書きの問題点と言えばやっぱり面倒なところです。

忙しいなか重複する内容を何度も手書きするのは時間も労力もかなりのロスです。

それに人間のすることなので、やっぱり書きもれ書き間違い読み間違いなどの問題がありました。

オーダリングになると、入力した薬剤などが時系列ですべて印刷できます

カルテには一回ずつ手書きせずにこのプリントアウトしたものを貼り付けるだけでいいので、作業効率がかなり上がりました右斜め上

看護師だって毎回、走り書きのような指示や癖字の指示(笑)の解読に時間をとられていたので、指示受けの時の間違いがかなり減りました手(チョキ)

でも、これはあくまで「読みやすさが改善した」という事にすぎません。

いくらきれいに印字された指示でも内容が間違っていたり、看護師の思い込みで指示受けをしてしまったのでは意味がありませんもうやだ〜(悲しい顔)

指示欄を見るときには必ず

「前回出た内容とミリ数や量が変更になっていないかexclamation&question

を確認することが間違いをなくすコツです。

ミリ数や量が変更になっていたとしたら、きっと「○月○日より○○のため変更」と追記されているはずです。

もし先生のコメントがなかったら、間違っているのかもしれません。

すぐに確認しましょうひらめき

B口頭指示鉛筆書き

医師は病棟看護師とは違って、いつでも病棟にいるとは限りません。

というよりかは、ほとんどいませんたらーっ(汗)

指示を出す時患者さんの処置I.C(インフォームド・コンセント)回診などが終わればすぐに病棟を離れます。

同じように他の病棟の患者さんを見に行ったり、外来・検査室・手術室を行き来したり、医局で仕事をしたりと、院内を常に移動していますダッシュ(走り出すさま)

だから指示内容の確認をしたいと思ったときはPHSに電話をかけることになります。

医療機器に影響を与える電磁波を出さない専用のPHSです。

先生たちは他の用事をこなしながら

「○○さん、やっぱりメイン点滴3本に減らしといてexclamation

「解熱剤内服できないなら座薬に変更exclamation


という内容を電話のやり取りで看護師に指示します。

これを「口頭指示」と言います。

口頭指示は基本的には受けないことexclamation

と初めの頃に習いますが、実際は難しいですね。

患者さんの状態もどんどん変わるし、先生も動き回るので台風

現実的にはどうしても多くなる口頭指示ですが、口頭指示を受けた時には必ず鉛筆で医師の指示欄に日付と指示内容を書いておきましょう。

次に主治医が病棟に来た時は、ボールペンで正式に指示変更してもらいますメモ

面倒かもしれませんし、忙しい先生に「口頭指示だったので書いてください。」というとちょっとイラっむかっ(怒り)とされるかもしれません(笑)

でも後からトラブルが起こるのを回避するために口頭指示をそのまま放置しないことは重要なことなのです。

C緊急時の指示聞き直し

緊急事態が起きている時は口頭指示のオンパレードです。

挿管準備exclamation○○でルートキープして緊急採血昇圧剤○ml/Hでスタート。○○先生呼んで〜血ガス採るよ〜…」

自分も動きながら指示を聞き取り、処置や投薬・輸血の手配をして…ダッシュ(走り出すさま)

とても慌てていると思いますが、先生の指示を聞いた後「いざ、実行exclamation」となるその前にひと呼吸置きましょう。

まず指示が聞こえてきたら必ず復唱することが基本です。

ミリ数まで聞きとれなかったら聞き返します。

準備が出来てから患者さんのルートにつなぐ時も声に出しましょうexclamation

こうすると自分の間違いに周りの人が気づいたり、自分でも指示内容が本当に正しいものなのか確認することができます。

そして何よりも、声を出すことで自分も落ち着いてきます演劇

先生の滑舌が悪かったり(笑)マスクをしていたりすると余計に聞き取れない早口の口頭指示は、わかったふりをせずに絶対に聞き返しましょうひらめき

新人の頃は難しいかもしれませんが、慣れてくると緊急時に医師が出す指示を予想しながら行動することができるようになってきます位置情報

こうなると物品の準備や処置の介助がスムーズです。

看護師は医師の指示のもとでしか動くことが出来ませんが、

「その指示内容が適切なものであるのか」

「今の患者さんの状態に合った内容なのか」


という事を考えることができなかったら、安全な指示受けをすることは出来ません。

また、そのような知識と同じくらい大切なことは「聞き返す勇気」だと私は思っています。

自分の理解がうやむやなまま、行動に移してはいけませんexclamation

「先生、これ、どういう事ですかexclamation&question

「こういう意味ととらえたんですが、あっていますかexclamation&question


聞くは一時の恥…

あまりにも的外れな質問をすると、さすがに

「なんだ、コイツexclamation&question

って顔されることもありますが、気にしない、気にしない…(笑)

この一言で患者さんを事故から守ることができると考えて、慎重に指示受けしましょう。

聞き返す勇気がある人は、結果的にとても信用される看護師になることができますグッド(上向き矢印)

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちらぴかぴか(新しい)


posted by 看護師ミキ at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。