深夜徘徊

2011年05月14日

深夜徘徊

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちら

新しい環境にすぐには適応できない老人の方は、入院して間もなく、見当識障害になる患者さんが多くいらっしゃいます。

多いのは徘徊。

いつもはしっかりしており痴呆などない方が、入院などして環境が変わるとおかしくなってしまう方もいます。

新しい環境に適応するという能力が低下しているので仕方のないことなのですが、真夜中の徘徊は危険が伴います。

注意して観察していないと、どこにお出かけしているか分かりませんし、ある時は別の患者さんのベッドに潜り込んでいたり、違う病棟に遊びに行っていたり……

いつかは、深夜帯に入院して、すぐにわけが分からなくなった患者さんが興奮し、「兵隊の帽子を探さないといけないんだ!!」と言い、病棟中を探すのに付き合った事もあります。

他の患者さんの様子ももちろん心配だが、そんな患者さんも放ってはおけません。

途中で倒れたりしていたら大変ですから。

そんなですから、真夜中の徘徊は、私たち看護師の体力も一気に奪っていきます。

これも仕事の一つなんですけどね。

私が希望の病院で働けたオススメの転職サイトはこちら



posted by 看護師ミキ at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。