看護の資格

2016年01月26日

看護の資格

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

子供の頃から何となく“学校の先生”を目指していた私でした。

いざ志望校を絞っていこうという高校3年を目の前に、私はもう一度、よぉく考えました。

なぜなら、世の中はバブル崩壊で不景気に突入していたからです。

・女子は四年制大学を卒業しても就職できない。

・世は不景気に加え少子化の時代。

・教育学部を出たところで、教師への道は狭き門。

・教師になれる可能性が薄い上に、他の就職も難しそう。

・教師になったところで、結婚して辞めたら、戻る席はない。

これらの理由から、教師以外の道を探し始めました。

その学校を卒業したら、確実に資格や職を手に入れられる、そんな進学先はどこだろう

一生食うに困らない職業・資格はなんだろう

これらを踏まえ、高2女子が、不景気の世の中を生き残っていくためにはどうしたらいいのか、真剣に考えた結果、選択したのが、看護師という資格でした。

あと他にも、お給料が良さそうとか、どんな世の中になっても、どんな土地でも必ず必要とされる職業かなあ、と思ったのも選んだ理由です。

あの頃も今も、不景気であることには変わらない世の中です。

そういった意味でも、職業として看護師を選んだことは間違っていなかったと思います。

介護業界で看護師として働いていた時、ヘルパーや介護福祉士として働く同僚たちから「今から看護師になりたい。」という相談を何度か受けたことがあります。

当時中学生だったいとこからも、「私も看護師になりたい!」との意気込みを聞きました。

「なったらいいじゃない。」と私は答えます。

看護学生時代の実習の辛さ、看護師国家試験の苦労、新人看護師時代の涙・・・、多分大変だったと思います。

多分?なってしまえばこちらのもので、大変だったことの大半は忘れてしまいました。

看護師の資格は、今のところ更新制ではありません。

だから、資格さえ取ってしまえばこちらのものなんです。

その先の選択肢は多種多様で、学生のうちにも、いったん就職してからも、いくらでも選択の幅を広げていける、そんな資格だと思います。

私の元同僚は、70歳で現役ナースです。

看護師の資格を手に入れることで、“一生食うに困らない”どころか、高齢者と呼ばれる齢になっても、活躍できちゃうんです。

資格取得にチャレンジ✊して損はないと思います。

子供の頃からの憧れをそのままに教育学部に進み、教師になれていたとしても、私は熱いタイプの人間なので、すぐに燃え尽きて、次の就職先に困ったのではないかと想像します。

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら



posted by 看護師ミキ at 22:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、統合失調症という重い病気で毎月一度病院へ通っています。
私は馬鹿なので看護師さんにはなれないけれど、看護師さん尊敬してます。
ヘルパーの免許は取得してます。
将来的には両親の介護をしようと思い、今からお勉強しようと思います。お医者様、看護師さん大好き揺れるハートハート黒ハートです。(´▽`)/
Posted by 道子…美智子。 at 2013年07月25日 04:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。