看護師の職業病、腰痛予防策!

2016年03月22日

看護師の職業病、腰痛予防策!

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

看護師さんの多くが抱えている悩みの一つ。

それは腰痛💦💦

ベッドメイキング、食事や排泄の介助、清拭、体位変換、患者さんの移乗…

看護師の仕事は中腰になるものが多いので腰にきます。

高齢者が増えていることも手伝って、看護師の腰への負担は増す一方です♒

看護師の職業病と言っても過言ではない腰痛ですが、痛みを抱えながら仕事をするのは心身ともに大きな負担です。

腰痛のために仕事を続けるのが困難になり、離職・転職する人も増えているようです。

そうならないためにもなるべく日々の生活や業務の中でも腰の負担を減らし、予防していくことが大切でしょう。

私が実践している簡単にできる腰痛予防の方法をご紹介します。

足にきちんとあったナースシューズを選ぶ
看護師の仕事は長時間立ちっぱなし、動きっぱなしになることも多いですが、合わない靴を履いて動き続けることは骨格の歪みや負荷を招き、腰痛や肩こりの原因になります。

スニーカータイプなど足に合う疲れにくいものを選ぶことで、良い姿勢を保ち腰への負担を減らします👣

ベッドなどを運ぶときには、押すのではなく引く
仕事中、ベッドやストレッチャー床頭台など大きなものを動かすこともよくあると思います。

その際、前へ押し出す力は腰の筋肉をたくさん使い、疲労や腰痛の原因になります。

引きながら運ぶほうが腕の筋肉をたくさん使う分、腰への負担は大きく減るでしょう💡

腰、下半身のストレッチ
足や腰を普段からよく伸ストレッチし筋肉を柔軟にしておくことで腰痛のリスクを減らすことができます。

業務中に腰痛体操など取り入れている部署も増えてきているようですね。

ボディメカニクスを使う
患者さんを持ち上げたり移乗介助するは、ボディメカニクスの手法を用いることで看護師の負担や負傷を大きく減らすことができます✌

ストレスを減らす
ストレスにより筋肉は緊張し血流が悪くなることで腰痛を誘発すると言われています。

また、夜勤、残業や不規則な生活や睡眠不足などによる疲労も腰痛を引き起こす原因ともなります。

これはなかなか難しいかもしれませんが、家ではしっかり休息をとり気分転換をしてなるべくストレスを和らげましょう。

少し生活スタイルを変えるだけで大きな予防になります☀

できることから実践していきましょう‼

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら


posted by 看護師ミキ at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。