注射や点滴を行う際に心がけたいこと

2016年04月08日

注射や点滴を行う際に心がけたいこと

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

意外に注射や点滴などのときに恐怖心を露わにする患者さん、多いですよね♒

平気な顔で腕を差し出しながらも実は内心すごくヒヤヒヤしていて、無事終わった時にはフ〜💨と安堵の溜め息、なんて患者さんもたくさんいるはず。

いくつになってもあの細い針が自分の体に刺さってくる感覚…緊張するのもわかります💦

今日は患者さんの不安をなるべく和らげるよう、注射や点滴前に私が行っている工夫についてお話します。

1.最初に雑談からスタートする
物品を準備したり患者さんの血管を探しながらでもいいので、なんてことない話をしましょう。

「昨日は眠れましたか?」「お孫さんお見舞いに来ていましたね〜」「今日は暑いですね」でもなんでもいいのです。

患者さんの注意を少しでも針に対する恐怖から逸らすことがポイントです。

ジョークでも言って患者さんを笑わせられれば、もっと患者さんはリラックスできるはず💡

笑いには、リラックス効果や痛みを忘れる効果があると言われています⤴⤴

ユーモアセンスに自信がある人は挑戦してみてください。

2.処置の実施最中に会話を誘導する
特に小児の患者さんにおすすめの方法です。

「看護婦さんこないだ宇宙人をみたんだよ〜」(多少強引ですが💦)など言ってみて「どんなだったの〜?」「いつ?」など反応があれば大きく気を逸らすことができます。

そうやって会話をしていると、気づかないうちに処置を終わせることができた経験は多数あります✌

3.深呼吸をしてもらう
特に吐く時間を長くとるよう促してみましょう。

深呼吸、とくに呼気により筋肉が緩みリラックスできるだけでなく、穿刺時の痛みも和らげる効果があります。

特に恐怖心が強い患者さんにはとても有効な方法です‼

4.使用する薬物について正しい情報をしっかりと伝える
「この注射は素早く痛みを取るためのものです」などわかりやすく効能を知らせることで、注射の痛みは意味があるものだと患者さん自身が理解することができます。

痛みよりも今ある症状を和らげる、体調を整えるためのものだと必要性を強く感じてもらうことで注射への恐怖を減らすことができます。

正しい情報を得ることで、終わってみると案外痛くなかったな〜なんて感じるようになるものです☀

私たちは日常業務として毎日たくさん採血や点滴を行っているので慣れてきますが、患者さんにとっては非日常の体験であることを忘れないようにしなければなりません。

少しでも患者さんにリラックスしてもらえるよう、自分なりに工夫してみましょう🏥

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら


posted by 看護師ミキ at 05:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。