2016年03月17日

学校では教えてくれない看護師に必要なスキル

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

念願の看護師免許を取得しいざ病院で働き始めると、毎日が新しいことだらけで緊張の毎日。

思い描いていた看護師の世界と実際の現場の違いを感じることもありました。

そんな新人時代に実感した、学校では教えてくれなかった実際の現場で働く看護師に必要な3つのスキルについて紹介したいと思います。

1.業務中のタイムマネージメント(時間管理)

毎日、複数の患者さんを受け持つ看護師の業務は決していつもスムーズにいくとは限りません。

Aさんは◯時から検査、Bさんはそろそろオムツ交換の時間だな、Cさんから点滴が終わったとナースコーだ、すぐに病室へ伺います‼…と思ったら、廊下のすぐそこで転びそうになっているDさんが💥

というように、看護師の仕事はあらかじめ決まっているスケジュールに加え、突然の急変やナースコールなど、予想外の予定もどんどん入ってきます💨

決して自分中心に仕事が回ることはないのですが、新人の頃は思うように動けない自分にイライラしたり、業務が重なってパニック寸前♒になってしまうこともありました。

実際の業務では、常にやるべきことの優先順位を頭のなかで組み立てながらも臨機応変に行動する必要があります。

これは簡単ではありませんが、少しずつ経験を重ねるにつれ必ずできるようになってきます。

大きな事故を起こさないためにも、予想外の予定が入った時やどうしても手がまわらないときには早く他のスタッフに相談することも大切です。

2.医師とのコミュニケーション

看護師は医師の指示なしには動けません。

患者さんについて常に医師と情報を共有し必要に応じて指示を仰いだり、または患者さんや家族との面談を設定したり。

看護師は医師と患者さん・家族の架け橋の役割も大きいのです。

しかし医師によっては忙しくなかなか連絡が取れなかったり、中には面倒くさそうに対応する医師もいたり💧

新人の頃、医師とのコミュニケーションはいつも気を遣ってしまいストレスでした。

しかし、忘れてはいけないのは、どんなに医師に冷たくされても、患者さんのために医師の指示や確認が必要である、ということ。

慣れてくるとだんだん医師の扱い方(⁉)もわかってきます。(笑)

忙しい先生たちにお願いごとをする際には、タイミングを見計らう、簡潔に・わかりやすく伝えるなどの工夫が必要です。

3.チームワーク

実際の現場では、業務は看護師同士のチームワークなしには成り立たちません。

患者さんの情報共有も問題解決もスタッフみんなで相談しながら行っていきます。

医療事故を起こさないために投薬前には看護師同士で必ずダブルチェック👀

時にはシフトの交換をお願いしたり、されたり♨

新人の頃は特に、仕事の終わりの時間に近づくと先輩がいつも「あとは何が残っているの?」と声をかけてくれことがとてもありがたく、「私も先輩が忙しいときに助けられうようになりたい」と思ったものでした✨

スタッフ間でよりよりチームワークを保つことは、患者さんへのよりよい看護にも繋がり、働く楽しさややりがいにもつながります。

働きやすい職場は自分たちで作っていくということですね🎵

常に協力する姿勢を忘れず、まずはスタッフ同士でねぎらいや感謝の言葉をかけあえるように心がけましょう💓

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら



posted by 看護師ミキ at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

精神科看護師を目指す人へ

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

精神科の患者さんの多くは、うつ病、統合失調症、躁うつ病、認知症、アルコール依存症などの精神疾患を抱えています。

入院されているのは、妄想や幻覚で日常生活を送るのが難しい患者さん、気分の落ち込みが長期間続き生きるのが辛くなっている患者さんなど。

それぞれ症状や病気のきっかけとなった背景もさまざまなので、精神科ではより患者さん一人ひとりに合わせたケアが求められます。

病気が目に見えない精神科において、看護師が重きを置くのはこころのケア✨

これが精神科看護の一番の面白さではないでしょうか。

こころのケアの充実を図るため、精神科では看護師が患者さんとじっくり関わることができます。

必要に応じて一緒に散歩や作業、レクリエーションに参加することもあるのでともに過ごす時間が多く、患者さんの訴えにゆっくり耳を傾けたり、より詳しく患者さんの様子を観察することができるのです。

「今この患者さんはどれくらい辛いんだろう?」「患者さんの不安を取り除くために私たち看護師はどうかかわっていけばいいのだろう?」

と時間をかけ深く考え、ひとりひとりの患者さんに合わせた看護計画を立てることができます。

そうやって考えて実践した自分の看護は患者さんの精神状態に直に影響するので、言ってしまえば精神科では看護師が自分の力で患者さんの病気を治すことが可能ということ💡

かかわりがうまくいき、患者さんの笑顔が見れた際には、本当に嬉しくて、大きな自信になります☀

また患者さんが退院後も病気と付き合いながら自分らしく生活ができるよう入院中から包括的な支援を行うことも精神科看護の大きな特徴。

病気とのつきあい方、服薬管理や生活指導など患者さんの生活全般を考慮しながらケアを行います。

なので、患者さんが自信をつけて退院していく際には、私たち看護師の喜びと達成感もひとしおです✨

一方、精神科ならではの大変なこともあります💨

自分の言動が直接患者さんの精神状態に影響する分、思いもよらないことで患者さんを傷つけてしまったり、行き違いがあるなんてこともしばしば⤵

病状が悪化しているがためとはいえ、暴言を吐かれた日にはやるせない気持ちになったり。

また、自殺願望が強い患者さんや、錯乱状態で不穏の患者さんをケアすることもあり、患者さんだけでなく自分の身の安全を守りながら仕事をしなくてはなりません。

時には暴れる患者さんに対しスタッフ数名がかりで押さえつけ、隔離・身体拘束を行うこともあり、そのような場面では罪悪感を感じずにはいられません。

患者さんの安全を守ること、患者さんの人権を守ることの狭間で葛藤することも多々あります。

難しいことも多々あり、精神科看護師は決して楽ではありませんが、身体的には比較的負担は軽く、危険業務手当が付く分、給料もほんの少し高いという利点もあります。

人とのかかわりが好き、コミュニケーション能力を向上させたい、こころのケアに興味があるという看護師にはやりがいのある領域であるでしょう💡


私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

posted by 看護師ミキ at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

看護の資格

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら

子供の頃から何となく“学校の先生”を目指していた私でした。

いざ志望校を絞っていこうという高校3年を目の前に、私はもう一度、よぉく考えました。

なぜなら、世の中はバブル崩壊で不景気に突入していたからです。

・女子は四年制大学を卒業しても就職できない。

・世は不景気に加え少子化の時代。

・教育学部を出たところで、教師への道は狭き門。

・教師になれる可能性が薄い上に、他の就職も難しそう。

・教師になったところで、結婚して辞めたら、戻る席はない。

これらの理由から、教師以外の道を探し始めました。

その学校を卒業したら、確実に資格や職を手に入れられる、そんな進学先はどこだろう

一生食うに困らない職業・資格はなんだろう

これらを踏まえ、高2女子が、不景気の世の中を生き残っていくためにはどうしたらいいのか、真剣に考えた結果、選択したのが、看護師という資格でした。

あと他にも、お給料が良さそうとか、どんな世の中になっても、どんな土地でも必ず必要とされる職業かなあ、と思ったのも選んだ理由です。

あの頃も今も、不景気であることには変わらない世の中です。

そういった意味でも、職業として看護師を選んだことは間違っていなかったと思います。

介護業界で看護師として働いていた時、ヘルパーや介護福祉士として働く同僚たちから「今から看護師になりたい。」という相談を何度か受けたことがあります。

当時中学生だったいとこからも、「私も看護師になりたい!」との意気込みを聞きました。

「なったらいいじゃない。」と私は答えます。

看護学生時代の実習の辛さ、看護師国家試験の苦労、新人看護師時代の涙・・・、多分大変だったと思います。

多分?なってしまえばこちらのもので、大変だったことの大半は忘れてしまいました。

看護師の資格は、今のところ更新制ではありません。

だから、資格さえ取ってしまえばこちらのものなんです。

その先の選択肢は多種多様で、学生のうちにも、いったん就職してからも、いくらでも選択の幅を広げていける、そんな資格だと思います。

私の元同僚は、70歳で現役ナースです。

看護師の資格を手に入れることで、“一生食うに困らない”どころか、高齢者と呼ばれる齢になっても、活躍できちゃうんです。

資格取得にチャレンジ✊して損はないと思います。

子供の頃からの憧れをそのままに教育学部に進み、教師になれていたとしても、私は熱いタイプの人間なので、すぐに燃え尽きて、次の就職先に困ったのではないかと想像します。

私が年収150万アップを勝ち取れた転職はこちら



posted by 看護師ミキ at 22:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。